S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ふるさとを歩く
こんな話をすれば齢がバレそう(だからと言って、別にどおってことも
ないのですが・・・)な、お話をしたいと思います。
 私たちの住む大牟田市は、嘗ては産炭地として大いに栄えた町でありました。
無論今もそれなりに頑張っては居るのですが、歴史の流れには抗い難く・・・でして。

 そのため戦時中は、ピカソのゲルニカではありませんけれども、
米軍B29大型戦略爆撃機による二度の空襲を受け、大型爆弾や焼夷弾攻撃で
三井系石炭コンビナートの工場群は無論のこと、一般市民の住む
住宅地や商業地までもが、壊滅的な被害を受けました。当時は殆どが
木造建築だったため、一面の焼け野原と化してしまったのだそうです。
 
 言うまでもなく、我が家も全焼。店も自宅も一挙に失ったそうです。
 家族全員は着の身着のまま、火の下をかいくぐり、火の海の市街地を
ジグザグに通り抜け、やっとの思いで先行の兄二人が待つ疎開地へ
逃げ出した、ということでした。勿論徒歩で、夜通し歩いて・・・
 
 疎開先では、時局柄たいそう不便な暮らしを余儀なくさせられた
らしいのですが、幼くて殆ど私の記憶には幸い?残っておりません。
 けれども戦後、私鉄路線から随分奥には引っ込んでいるけれども、
父が家を建ててからは多少は改善されたのではなかったでしょうか。
 勿論当時のこととて、大人達はそれでも不便な思いはしたでしょうけれど、
そこでの暮らしは私にとっては毎日がただ楽しくて、今、思い返して見ても、
およそ懐かしさしか感じられません。

 私は今年で77歳になります。身体のアチコチに深刻なガタが来る前に、
自力でなんとか歩けるうちにと思って、疎開先の家のあった辺りを
隈無く散策してみようと、今回、始めて思い立ったのでした。
 それも私鉄の(無人)駅から歩いて丘の上の家があった所まで。
 さらにはそこから、ひとつ手前の駅までを大きく三角状に遠回りして
歩こうと言う目論見です。

 途中にある二カ所の神社にお参りしたり、やや董の立ちすぎた土筆を
採ったり、嘗ては蛍が飛び交ってた小川(今はコンクートの三面張り)
の傍を歩いたり、今も変わらず、不気味に静まり返っている沼の畔に立ってみたり、
家内にその都度昔話をして聞かせたりして、のんびり歩いて参りました。村の中央に
立っていた火の見櫓は、さすがにもう無くなっておりました。そりゃ、
そうかもしれません、何しろ70年近くなる昔の話ですから。
 しかし今回の急な思い立ちは、家族には迷惑をかけたきらいはあるにしても、
私自身、遠からずゆくであろう冥土への、良き手土産になりそうな気がしてなりません。
f0132192_23260842.jpg



[PR]
# by sobaya-mokuami | 2018-04-01 23:34 | Comments(0)
一念発起して・・・
 なんと、パスタ造りを始めました。これは、婿殿の伝授なんです。
 時折ヤツの自慢のラーメンなど、夫婦してご馳走になることがございまして、
それはそれでおいしいし嬉しくもあるのですが、だからといって、しょちゅう
甘えてばかりというのも、と思い、一念発起して教えてもらうことにしたのです。
 
 蕎麦とパスタは、どう違うのかと言えば、まず材料ですね。かたや、
そば粉に対して、パスタの材料は小麦粉です。ま、当然と言えば、
当然なんですが、それが私には却って難物でした。
 なぜなら、小麦粉はそば粉と性質がまるで異なるからです。

 そば粉しか扱ったことのない私としては、グルテンたっぷりの
粘り気のある小麦粉は、また違った要領が居るようでした。

 少々乱暴に扱っても小麦粉の場合は、千切れることはなく、しかし
弾力があるので、力は要るし、慣れてない所為か、少々戸惑いを
感じながらの作業でした。でも、お蔭でなんとかできましたよ。

 但し、当分はお預けのようです。なぜなら、作ったあと、数日間
寝かせた方が良いんだそうだからです。そんなことさえ、私は、今回、
始めて知ったことだったのでした。「オアズケだと?寝かせる?」
 「なんだそりゃ?」ですよね。やれやれ!

 そんな所もせっかち日本人の愛してやまない蕎麦文化とは、
少々趣が異なるようですね。
 「旨けりゃ、まあ、それで良しとするか」です。というワケで、
出来映えの方のご報告は後日になります。あしからず。乞うご期待です!
f0132192_21533837.jpg


[PR]
# by sobaya-mokuami | 2018-03-30 22:01 | Comments(0)
お花見に行ってきました!
 お花見と言えば、当然、お弁当。「イヤ、お酒でしょう」とおっしゃる
ご仁も、世間一般には多かろうと思うのですが、あいにくと私は
無粋な方で、つまりは下戸にすぎませんので、「お弁当には卵焼き」
それさえあれば、ご機嫌なクチです。
 
 そういうワケで今朝はお天気は上々だし、ぽかぽか陽気だからと、
お弁当を作ってもらい、夫婦でセッセと歩いてお花見に出かけました。
 隠居生活開始以来、習慣にしている散歩というか、徘徊というか、
街歩き中に、偶然見つけたお花見スポットなんです。
 あまり人には知られていそうにない穴場のスポット。但し、
我が家から歩いてゆくのには少々遠すぎるのが、ホネ。

 市内にはそれでも何カ所、桜の名所と言われる所はありますけれど、
自宅からホンの数百メートル程離れた小公園にも、若木ながら、
チョットした無名の桜並木があります。またすぐ近くの古ぼけた神社の
小さな祠には、まだまだ勢いのある桜の古木だって数本あります。
 おっ、これ、なかなかイケルじゃないかと、ふと気づいたのは、実は、
蕎麦屋の現役を退いた後のことで、それまでは・・・
 恥ずかしながら、ゆっくりと桜を鑑賞する気持ちのゆとりなんて
なかったんでしょうね。なんにつけ脇見をするなんて余裕は
なかったってことでしょうか。

 偉そうに言うと、総じて「人生と言うもの」は、しかし
えてしてそういうもの、かもしれませんね。
 何かを失って後に、違う素晴らしい何かを得る・・・

 今日も、お花見の最中に若いお嬢さん達に「お揃いの所を」と、
気持ちよく声をかけてもらい、写真を撮って貰いました。
 お年寄りの、よっぽど仲の良い夫婦に見えたんでしょうね。
f0132192_22363519.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2018-03-28 22:37 | Comments(0)