おかげさまで!
 「何のこっちゃ?」とお思いでしょうね。
 失礼致しました。めでたくも、無事に終了したからです。

 終了したのは「窯元展」であり、それに来ていただいた数多の
お客さまのうち、ホンの一握りではあったけれど、
それでもたくさんおいでいただきました蕎麦屋のお客様に対して、
深甚なる感謝の気持ちと、それになんとかこなせたという
安堵の気持ちとの、複雑な感情を言い表したものです。それが
舌足らずの「おかげさまで」になりました。

 今年は体力の衰えもあり一時はどうなることやらと、
思っておりましたけれども、なんとか乗り切りました。
 今年の「窯元展」はチラシも入り、晴天にも恵まれ、
気合い十分だったからでしょうが、売上は上々だったらしい。

 ただ残念だったのは、(これは毎年のことでもあるのですが)
麺が売り切れてしまって、せっかく来ていただいた
大勢のお客様に、お断りしなければならなかったことです。
 そのことに関しては毎年心苦しく思っております。

 だったらもう少し数を増やして準備すれば、ということに
なるのですが、いろいろと事情もあって、
なかなかそうもいかず、今年は特に晴天続きということもあって、
期待値を遥かに越えた大勢のお客様に来ていただきました。
 心から厚く感謝申し上げます。ありがとうございました。
f0132192_19444599.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2014-10-20 14:45
<< You Tube  にはまって... 始まりました、『窯元展』 >>