これから面白くなる時代かも?
 数日前、古い友人から電話があって、コンサートのお誘いを受け、
昨日は久しぶりに市の文化会館へ行ってきました。グリークラブの発表会が
あったからです。ご承知の通り、グリークラブは、男声合唱団でして、
大体熟年の暇持ちのおじさん達が集うことになっています。多分・・・

 中学生の頃から合唱部にいた友人も、少し前までは会員でした。
 但し、会員だった頃には、「お前は仕事で忙しいだろうから」との配慮からか、
お誘いを受けることなどは、ついぞありませんでした。
 
 ところで、演し物は、ご存知中島みゆきのソング集、日本民謡、
それに多田武彦とかいう人の作曲による男性合唱組曲でした。他にも
みやま市から女性合唱団『せたか』も、賛助出演してくれておりました。
 
 立秋は過ぎたとはいえ、まだ残暑厳しいこの時期、果たして日中、人は
来るのかと思ってましたが、見渡したところ、大方の席は埋まっておりました。
 わが町のことを「文化果つる所」だとか、「斜陽都市の代表」みたいに
言ってますけれど、どうしてどうして、こうして面では案に相違して
まだまだの余力は残っているみたいです。私も、久しぶりに上質の文化に
触れた感じにはなりました。「こうしたのも、まんざら悪くはないね」でした。
 
 ことにお年寄り向けのメニューとして、「中島みゆき」ってところが
泣かせるじゃありませんか。もっとも、一番のターゲットは、私達よりは
ほぼ十年若い「団塊の世代」ってとこでしょうけれど、狙いとしては良い。
 まあ、それだけ低レベルの客層に合わせたってことかな?
 
 終了後、いささか覚束ない足取りの友人を送って、駅まで付き合い、
ついでに、最近私が発見したブック&カフエ『TARAMU』という所へ
ご案内しました。
 というのも、彼は、読書好きの多い友人知人の中でもダントツの読書家なので、
ぜひとも紹介したかったニュースタイルの本屋さんだったからです。
 で、どういう本がそこにおいてあるかと言えば、ごくごく小さな店だから、
展示してある本の数は限られています。けれど、それだけにその選択眼が
良いんですね。
 
 セレクトする視点がとてもユニーク。斜に構えたと言うか、娘夫婦が、
ささやかな部数で今刊行してる雑誌『PERMANENT』も、実はそうなんですが、
今までとはすこし違ったアングルからこの社会をとらえ、問題点を指摘し、
その回答をだすに至らないまでも、何かしらみんなに考えさせてしまう、
というところがある姿勢なんです。若い人たちのそういうところが、
あんがい気に入っているというか、連中に学びたいと思ってるところです。
 
 今回は、正確な題名は忘れたけれども、とにかく「小さなお店でも、
商店街とか、世の中の何かとかは、確実に変えることが出来る」という、
そんな主張をした、世間一般の常識とはまったく逆の発想を
実践している人の本とかがあって、面白く思いました。
 シャッター通りと化した商店街で、意気消沈しっぱなしの
おじさん・オバさん達に聞かせてあげたい話でしょ?
 だって、この店自体が、ひとっこ一人通らない裏通りの一角にあって、
それでもなお、特に若い人たちにはちょっとした評判と、
ある種のセンセーションを巻き起こしていますから、ね。
 
 世の中ちゃんと見極めて、それなりの手を打って行けば、なんとか変わりそうです。
 イヤ、世の中は変わります。確実に変わります。そう思うと、なんだか
明るい気持ちになってきました。勇気が出て来ました。
 そこで私達老人二人も「じゃねえ!」と言って、元気に店頭で別れました。なには
ともあれ、まずは「お達者で!」
[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-28 21:47
<< 読書日和 昨日の続きを・・・ >>