その後、ナニしてます?生きてます?
 ・・・と、何かと心配して下さる方々がいらっしゃるので、
優雅な?隠居生活のあらましを、かいつまんでご報告致します。
 
 娘達夫婦が自宅階下にTHISデザインと言う名の事務所を構え、
同じスペースを多目的なホールと見なして『IN THE PAST』 なる呼称で
種々のワークショップなどやっているのは、先月ご報告したばかりです。
 が、今回は、娘達が以前から仕事の関係でご縁のあったアパレルの
『サラジジ』(SARAXJIJI)さんというメーカーさんと、
小岱焼きの窯元『瑞穂窯』さんの作品の展示・即売会をやっています。
 
 もともとこれらの商品自体は、センスのある奥様お嬢様達に
大変人気のあるアパレルと陶器ですので、別に心配はしておりませんでした。
 そうは言っても、やはり娘達のやることだから気にはなるのでしたけれど、
事務所自体のソーホー的な雰囲気も若干は功を奏したか、初日以来、
冷え込みのきついお天気だったにもかかわらず、お蔭さまで
手応え充分なめざましい反響が続いております。

 無論、私達夫婦が先頭に立って、特に何かをしたというワケではありません。
 ですが、そのお手伝いと言うか、たまたま土曜日に併催で行なった
ギター演奏会用のお客様の為の椅子の搬入搬出を手伝ったり・・・
縁の下の力持ち的な下働きをしたりなどして・・・よそながらの協力を
けっこう楽しんで年寄り二人もやっております。
 
 でも、なんですね、年寄りは祭り上げられ閑居して陰気になるよりは、
こうして若い人たちの為になるようなことなど、邪魔にならぬ程度に
やるのは、心身共々自分の健康の為には良いことなのかもしれません。
 運動にはなるし、気分はそれなりに高揚するし、なによりご飯が
ますますおいしく頂けるし・・・で。「お母さん、おかわり」「ダメ!」
 なんだかだから、この分だと私の寿命も当分の間はこの調子で、
なんとか保ってゆくのではあるまいか、と秘かに思ったりもしています。
 なんせまだ、76歳ですからね。まだ・・・たったの・・・
 写真は自宅周辺の山々です。奥の山がいわゆる小岱山です。
 
f0132192_2303446.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-11-12 23:01
<< 12月の予定を申し上げます 先日はありがとうございました >>