昔とった杵柄は・・・
 いやあ、たいへんな目に遭いました。市の主催する百人一首の
『歌留多会』に参加して、孫のような小学生の子供達に、
こてんぱんにやられてしまいました。惨敗です。
 
 先月半ば頃でしたか、散歩の途中、近所の市の施設に立ち寄った所、
たまたまそういう催しがあることを知りました。
 すると、家内が「お父さんのボケ防止に」と思ったかして、
けしかけるものですから、「じゃあ」と申し込んだのでした。
 
 と、言いますのも、子供の頃の私は兄弟姉妹が多かったので
少しは経験もあったからです。でも、実際は、年寄りの出る幕では
なかったようでした。なにしろ、六〇有余年のブランクがありますからね。
 「それでも、頑張った方じゃないの?」と、保護者然とした面持ちで
家内からは少しは慰めては貰いましたけれどね。
 どうやら我が家の女達は、私がもっと惨敗するかと予想してたみたいです。
 
 聞く所によれば、市では随分前から地域の子供達を集め、
熱心に指導して下さってる方がいて、それに漫画の影響も多少はあるのか、
最近はけっこう盛んで、参加するメンバーも増えてるんだそうです。
 でも、私のような爺の参加申し込みは始めてだったのか、主催者側の皆さんには
たいそう喜んで頂いたようですよ。それだけが救いだったかも?
f0132192_19511469.jpg




[PR]
by sobaya-mokuami | 2018-02-18 19:55 | Comments(0)
<< ほろ酔い加減の『下戸の春』・・・ 早速に反響がございました >>