<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
お蔭さまで今年の G・Wも・・・
 とりあえず最初に、臨時休業のお知らせをしておきます。
 5月15日は定休日で、その翌日、16日(火)は臨時に
お休みを頂きます。あしからず、ご了承の程を。
 
 ことしのゴールデン・ウイークも、昨日7日(日)で、やっと終了しました。
 関係者の皆さんの多大のご努力で15回も続いている里山美術展も、
ほぼ同時に(6日に)終わりました。
 お蔭さまで、蕎麦屋は、今までで最高の成績をあげることが出来ました。
 行列のできる日もございました。
  
 実際はどうであれ、「蕎麦屋が近いうちに終わること」を聞きつけられた方々が、
「もう一度、あのお蕎麦が食べたい」と思って、大勢駆けつけて来て下さったのだと、
ひそかに私などは有り難く感謝しております。
 
 或はまた、「あの噂の蕎麦を一度食べてみようか」と思って、
こられた方も、或はその中には大勢いらっしゃったかもしれません。
 実際に、そのようにおっしゃって頂いたお客様が、多数いらっしゃいました。
 そうして「今度は近々に家族を連れて来たい」と、力強く約束して
ゆかれた方もございました・・・また、昨日などは近所のお婆さんが、
わざわざ暖簾を潜って立ち寄って下さり、「事情は聞いた。ヤツらにゃ負けんと、
気張らんの(頑張れやの意か)」と、励ましてゆかれました・・・
 それにしても、「ヤツら」とは・・・?

 まだ若し、うちのお蕎麦を一度も召し上がったことのない方は
是非一度食べに来て下さい。東北の「本場のお蕎麦」とは、
こうしたものだと言う、実感を味わって頂きたいからです。
 今までのお蕎麦だと思って食べていたものは一体なんだったのか?と、
思うこと必定です。決して失望はさせません。・・・だけではなく、
かつて私がそうであったように、お蕎麦自体の概念すら変わることが、
或はあるかも・・・しれません。(そこまで言い切るのは、ちと言い過ぎかな?)

 但し、そば打ちの技術にいては、実は私はまだまだ未熟です。ですが、
ウソ偽りのない最高の粉を使った本場の味を、お届けできることは、
自信を持ってお約束できます。
 蕎麦屋は、6月25日(日)まで営業致しております。 
 後学の為にも、あるいは話の種にも、「本物のお蕎麦」と言うものを
ご賞味頂きたいと願っております。町長さん初め、選考委員会の皆様も
里山美術展の時のように近くまでおいで頂きながら、おいで下さりませんでした。
 どうぞ次回からは、敬遠などなさらずに、いらっしゃって下さい。
 心からお待ち申し上げております。
f0132192_15565043.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-05-08 16:04