<   2017年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
これから面白くなる時代かも?
 数日前、古い友人から電話があって、コンサートのお誘いを受け、
昨日は久しぶりに市の文化会館へ行ってきました。グリークラブの発表会が
あったからです。ご承知の通り、グリークラブは、男声合唱団でして、
大体熟年の暇持ちのおじさん達が集うことになっています。多分・・・

 中学生の頃から合唱部にいた友人も、少し前までは会員でした。
 但し、会員だった頃には、「お前は仕事で忙しいだろうから」との配慮からか、
お誘いを受けることなどは、ついぞありませんでした。
 
 ところで、演し物は、ご存知中島みゆきのソング集、日本民謡、
それに多田武彦とかいう人の作曲による男性合唱組曲でした。他にも
みやま市から女性合唱団『せたか』も、賛助出演してくれておりました。
 
 立秋は過ぎたとはいえ、まだ残暑厳しいこの時期、果たして日中、人は
来るのかと思ってましたが、見渡したところ、大方の席は埋まっておりました。
 わが町のことを「文化果つる所」だとか、「斜陽都市の代表」みたいに
言ってますけれど、どうしてどうして、こうして面では案に相違して
まだまだの余力は残っているみたいです。私も、久しぶりに上質の文化に
触れた感じにはなりました。「こうしたのも、まんざら悪くはないね」でした。
 
 ことにお年寄り向けのメニューとして、「中島みゆき」ってところが
泣かせるじゃありませんか。もっとも、一番のターゲットは、私達よりは
ほぼ十年若い「団塊の世代」ってとこでしょうけれど、狙いとしては良い。
 まあ、それだけ低レベルの客層に合わせたってことかな?
 
 終了後、いささか覚束ない足取りの友人を送って、駅まで付き合い、
ついでに、最近私が発見したブック&カフエ『TARAMU』という所へ
ご案内しました。
 というのも、彼は、読書好きの多い友人知人の中でもダントツの読書家なので、
ぜひとも紹介したかったニュースタイルの本屋さんだったからです。
 で、どういう本がそこにおいてあるかと言えば、ごくごく小さな店だから、
展示してある本の数は限られています。けれど、それだけにその選択眼が
良いんですね。
 
 セレクトする視点がとてもユニーク。斜に構えたと言うか、娘夫婦が、
ささやかな部数で今刊行してる雑誌『PERMANENT』も、実はそうなんですが、
今までとはすこし違ったアングルからこの社会をとらえ、問題点を指摘し、
その回答をだすに至らないまでも、何かしらみんなに考えさせてしまう、
というところがある姿勢なんです。若い人たちのそういうところが、
あんがい気に入っているというか、連中に学びたいと思ってるところです。
 
 今回は、正確な題名は忘れたけれども、とにかく「小さなお店でも、
商店街とか、世の中の何かとかは、確実に変えることが出来る」という、
そんな主張をした、世間一般の常識とはまったく逆の発想を
実践している人の本とかがあって、面白く思いました。
 シャッター通りと化した商店街で、意気消沈しっぱなしの
おじさん・オバさん達に聞かせてあげたい話でしょ?
 だって、この店自体が、ひとっこ一人通らない裏通りの一角にあって、
それでもなお、特に若い人たちにはちょっとした評判と、
ある種のセンセーションを巻き起こしていますから、ね。
 
 世の中ちゃんと見極めて、それなりの手を打って行けば、なんとか変わりそうです。
 イヤ、世の中は変わります。確実に変わります。そう思うと、なんだか
明るい気持ちになってきました。勇気が出て来ました。
 そこで私達老人二人も「じゃねえ!」と言って、元気に店頭で別れました。なには
ともあれ、まずは「お達者で!」
[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-28 21:47
昨日の続きを・・・
 前日の続きです・・・つまり、要するに、早い話が・・・
『それでいいのか、そば打ち男』についての続き・・・ってことになります。 

 当時(開業数年後)の私は、以前面白くて仕方なかったそば打ちが
ほんとうは意外に手強く、難しくも感じ、「奥の深さ」に
やっと気がついた頃でしたので、その本のことは気にはなりつつも、
わざわざお金を出して読もうという気にはなりませんでした。
 というのも、どうせその本は、団塊の世代の世の男達の
そば打ち道楽を単に冷やかしたものだと、私は考えていたからでした。
 因みに私は団塊の世代ではありません、奴らよりずうっと年上なのです。

 でも、その本を手に取ってみれば、腹が立つことに、「男」の文字だけが
15度ぐらい右に傾いて印刷してありました。あたかも世の中の男達は、
みな「ずっこけている」みたいなメッセージが籠められているかのようで、
さすがに私もムッとして、その折は買わず、
本屋の店頭で放り出してしまった記憶があります。

 でも実際に今回、改めて図書館から借り出して来て、読んでみると、
そればっかりではなかったんですね。確かにそういう部分は
あるのだけれど、それ以上に男女を問わず、著者同世代の団塊の連中に
ハッパを掛けているような本だったのです。
 
 団塊の世代には特有のクセがあって、それを容赦なく
指摘してあるのが面白く、私も今回は夢中で読んでしまいました。
 従って(家内はまさしく団塊世代で)、少なくとも私は、
比較的客観的に読むことが出来たのかもしれません。

 本では、著者のなまじっか同世代への過大な期待感があるだけに
もどかしい気持ちからやや過激な発言になっているという事情が、
よーく判りました。「頑張れ、団塊世代、中高年!」といった内容なんですね。
 イヤ、大変に面白かったです。何しろ若い頃の彼らときたら、
やたら光ってましたからね。全共闘時代にしろ、一大ブームを
巻き起こしたミニスカート旋風にしろ、世の中に氾濫するサブカルにしろ、
ほとんど全部が彼らの世代から始まったことですからね、それが年齢を
重ねるごとに牙を抜かれ、去勢されおとなしくなってしまって・・・
 挙げ句の果ての「蕎麦打ち」では、チョット情けない気が
しないでもありません。たしかに・・・

 読みながら、私は随所に膝をたたいたり、ゲラゲラ笑ったり、
唸ったり感心したりしたのでしたけれど、(だから、どのページも
付箋紙だらけになりました)中でも面白く思ったのは、
アメリカでの子供達への教育に対する考え方でした。
 
 「君は何になりたいの?」と子供に聞くとします。子供は
「サッカー選手になりたい」と答えます。そこまでは
日本でも同じ光景が見られることでしょう。「ふーん、なれると良いね」
で、終わり。でも、アメリカ人は、そこからが違うんだそうです。
 
 「で、君はそれで誰を喜ばせたいと思ってるの?」と、
さらに突っ込むらしいのです。「自分がただ満足するんでなく、
そのことをすることで、君は誰かの為になっているのか?」
ということをことさら問題にするワケなのです。
 つまり、まず個人の意志が尊重されて、次いで他者への視点と言うか、
社会性を要求される。子供にだって、日頃からそれを考えさせる姿勢が、
社会全般に存在してるってことなんでしょう。素晴らしい・・・
 社会性ったって日本にあるのは、単に「他人様の眼を気にする」だけ、でしょ?
これでは、チョットいかんのじゃないのかなあ。寂しすぎますよね。

 それにしても彼のトランプ氏は・・・子供の頃、親にちゃんとしつけを
されてなかったんじゃないの?・・・と、私は、フト考えてしまいましたけどね。
f0132192_16411098.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-26 16:41
老いの繰り言めく話を少々・・・
 町の要請で、不本意ながらも肥後民家村での蕎麦屋を畳んで
(つまり、営業を終了させた)のは、今年(2017年)6月25日のことでした。
 なんと嬉しいことに、花束やケーキ持参で、私たち夫婦の長年の苦労?を、
親しく且つ懇ろにねぎらって下さったお客様の姉妹もございました。

 店内外の片付けとお掃除を済ませ、造作部分と道具一式を完全退去をしたのは、
6月末日。それからでも早いものでおおよそ二ヶ月経とうとしています。
  なのに、このところ和水町の方々から、残暑お見舞いがてらの
お電話がいくつか入ってきております。「去る者は日々に疎く」ではなく、
大変お世話になった町の皆様と、こうしてまだ濃やかな関係で
いられることを、心から有り難く嬉しく、誇りに思っております。
 人とのつながりは、何と言っても、うれしいもの。とりわけ、
老いの身には、それこそが貴重な心の財産でして・・・

 思い起こせば、蕎麦屋を開業したのは、今から15年前の
2002年の10月半ばでした。61歳になったばかりのときでした。
 屋号は『蕎麦屋木阿彌』。当初暫くは「不景気な名前だね」と
評する人もおりました。けれど、敢えてその屋号にこだわった理由は、
そうしたマイナスイメージをこの際、一挙に払拭させたいとの思いからでした。
 
 その半年前に、私は地元大牟田で物販商売をしておりました。
 むろん私の力量も足りなかったのかもしれませんけれど、かなりの成績は
あげて居たにも係らず、国の構造変化政策もあって、地域経済の停滞化が進んだ結果、
ご他聞に漏れず、私の店も見事に営業不振に陥っておりました。
 そこで「もうこれ以上、傷が大きくならんうちに」と英断を下して、
生活雑貨の店と、業務用厨房器具専門店を、二軒同時に畳むことにしたのです。

 親元から独立して、夫婦で立ち上げた店も、元の木阿弥に戻った訳です。そして、
なにかのご縁で肥後民家村に来、「瓢簞から駒」ならぬ「冗談から蕎麦屋」を、
することになったのでした。「だったら、屋号は当然のこと『木阿彌」だよね」

 すると・・・、「飽きっぽいあいつのことだから、
どうせ蕎麦屋なんぞを始めても、良くて三年、どうかすれば三ヶ月も
保てば上出来の方だろう」と、周囲から言われることになりました。
 それに・・・「いまさら田舎での蕎麦屋なんて、一種の『都落ち』
みたいなものと違うのか?」などという商売人仲間の声も・・・
 さすがに面と向かって、そう言った人はなかったものの、
心配のあまりでしょうか、周囲の身内の人たちからは、揶揄い半分に、
それらしいことを匂わされたこともありました。

 でもそんな視線にあって「だからこそしっかりせんと」と、
今思うと私は、いよいよムキになり、発奮させられ、
どうやら覚悟めいたものが出来たのかもしれません。 
 要するに、当時の私の気持ちからすれば、「元の木阿彌から
再出発すりゃ良いんだろ?だったら、やってやろうじゃないか」でした。
 自分にはそれだけの能力も意気込みも持ってるつもりでしたし、
周到緻密な計画も練ってると、思ってましたから・・・
「だからこそ」敢えてその名前にしたのでした。

 その頃は判らなかったものの、でもこうして考えてみると、
揶揄い半分の忠告は、本当はだから「有り難い好意」だったんですね。
 しかしそれはてんで理解出来ず、頭のどこかでは、めまぐるしく変わる
この世の中に翻弄され、どうして良いか判らず途方に暮れている同胞達
(同じ商売人の仲間達)を、よそながら励ましてあげなきゃという、
いささか不遜な気持ちさえ私は、当時持っていたように思います。
 
 ともあれ、こうして始めた蕎麦屋もどうにか15年間もの間、
無事に続けることが出来ました。これも偏えに皆様の深いご理解と
ご愛顧の賜と、心から感謝している次第です。ありがとうございました。
 いまにして、こんなことがのんびり思い出せるのも、実は「良い潮時に」
蕎麦屋家業を辞められたからかもしれませんね。

 それはともかく・・・そんなこんなで・・・、蕎麦屋を開業してから
おおかた三年程は経った頃でしょうか、(今から十二三年程前)
世間でひとしきり騒がれた一冊の本が出版されました。
 アナウンサーの殘間里江子さんという人が書いた
『それでいいのか、そば打ち男』(新潮社)という本でした。 
 私からすれば、「何だ、こりゃ?」ですよね。 

 で、その本のことについては、縷々ご紹介したいんですけれど、
ながあーくなりそうですので、今回は、これにて。
 そしてまた・・・明日にでも。
f0132192_16292577.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-26 16:29
久しぶりに大量のお蕎麦を
 娘達の事務所開きが、一昨日やっと出来ることになり、
久しぶりに大量のお蕎麦を打ちました。工事の方は、
概ね済んではいましたけれど、このように披露宴が遅くなったのは
先の北部九州豪雨の影響もあっておいそれとはしにくかろうと、
一応自粛と言うか、遠慮した形で延期していたからなのでした。

 改装中の頃から、ご近所の皆さんには、私はよく訊ねられました。
 「一体此所(私の所の意味)は、何になるのかね?」と。つまりは
「どういうお店が出来るのか」を聞きたいということのようでした。
 私共は、先祖代々この地で商売をやって来た家系です。
 
 表の大きなウインドウは以前のように嵌め込んだままだし、
「おそらくは何かのお店だろう」と思ってたのに、
普通の物売り店舗のようには見えないし、かといって
飲食店でもなさそうだし、そのくせ店の中央には大きな流し台が
デンと据えつけてあるしで、中を覗き込んでご覧になった方も
まるで見当がつかないと思った方が多かったようです。

 だからといって、私も一口で説明し様がないから、
とりあえずは「デザイン事務所みたいなもので・・・」と、
口を濁すしかありませんでした。正確に言いますと、
話が長くなりそうですので、端折りますが、一口に言いますと、
「食に関連した情報発信基地」みたいなものでしょうか。
 詳しくは、本人達が作ったSTADIO,IN THE PASTの
ホームページでもご覧になってください。

 幾ら商売で経験を積んだ私でも、老いて駄馬にも等しい身に
なりましたので、ことさら若い者のすることに口出しする積りはないが、
はっきり言って、今回のオープニングについては驚きました。
 ネットの力と言うか、その情報伝達の力にです。
 さして大げさに宣伝した風でもないのに、会費制のご案内に参加して下さった
方々の多いこと、そして業種・業態・年齢・性別・外観の多彩なこと!
 しかも、一部の方を除いて、全員が立食なのです。ワイングラスとお皿を持って、
狭い店内をうろうろ・・・と、かつ活発な談笑。大勢の人影で向こうの白い壁が
まるで見えない状態。

 そして福岡から見えたフランス料理店のスタッフの皆さんの手際の良いこと。
 会場の店内にはおいしい匂いがぷんぷんと充満していました。
 そのお蔭で食欲を刺激されてか、用意したお蕎麦の
数のあらかたも、すっかりなくなってしまいました。

 ご参加頂いた方は一様に私たちには礼儀正しく、「フランス料理と
お蕎麦を大変楽しみに参りました」とか、店内に立錐の余地がなく、
あまりの人数に冷房もきかないので、アーケード内の路上にまで
はみ出してのお客様までもがわざわざ私どもまで挨拶に来られて、
「おいしかったです」と、ねぎらって下さいました。
 あまりサラリーマン風の人はおらず、夫々が自営業なのか、
自信満々で、ともかくも若い人たちのエネルギーには圧倒されました。
 私にとっても、すごい刺激でした。本のタイトルではありませんけれど
「おちおち死んではおられない」と、まあ、いまだにそういった心地です。
f0132192_17244557.jpg

f0132192_17251624.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-24 17:25
お盆に因みまして
 お盆と言えば、「お墓参り」です。でも、「折角お参りに行くのなら、
おまけが欲しい・・・」と言ったのは、ご存知、赤瀬川原平さんであります。
 例の『老人力』2に書いてありました。普通の場合は、いまどきの日本人なら、
誰しもが確かに、そんな傾向にはありますよね。

 例えば、お墓参りに実家に帰って、ご先祖さまに
手を合わせるだけが重要なんではなく、日頃ご無沙汰しがちの
身内の誰彼なしに逢うのもそうだし、また甥や姪のさらにその子供達の
思わぬ成長ぶりに驚くのも、お盆やお正月での大いなる楽しみのひとつ
かもしれません。おまけ万歳です。

 旨いものにありついての歓談は無論のこと、
帰りには、ついでにどこかへ寄り道して、温泉なんぞに
浸かって来ても別にどうってことはないでしょう。
 まあ、こういったことは特に不謹慎なことではなく、
偶の骨休めなんだから、そうそう目くじら立てることではありません。

 なあんて言っちゃって、私などはこういったことこそ、
「いつまでも大事にしたい日本人の風習だ」と、考えています。
 随分前のことでしたけれど、ご先祖さんのお墓のあるお寺の庫裡に
ご挨拶に行って、お喋りしながらフト気がついたのですが、
お寺さんの関係は、それこそ数代数十代前からのおつきあいですから
下手な親戚よりずーっと長いってことでした。もっとも、
これから先はどうなるかしれたもんじゃありませんけれど、ね。

 最後に、これも赤瀬川原平さんの本にあったお話ですが、
ある旧家では法事の度に仏壇の前で親族一同勢揃いして
記念の写真を撮る習慣があって、それを順にみてゆくと、
一人づつお仏壇の中に「吸い込まれて消えてゆく」・・・ような気がしたと、
腹平さんは言っておりました。「なあるほど!」「齢の順に」だったら、
それはそれで、おめでたいことではあるんですが、ね。
 ・・・以上、お盆に因みましての、「ありがたーいお話」でした。
[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-16 10:04
お盆の十三日です
 『老人力』は早速に読みましたよ・・・ばかりか、
面白い箇所になると、ゲラゲラ笑いながら、
(例によって)数行づつの抜き書きをセッセと拵えました。
 と言うのも、何かの折りに皆さんにさりげなく吹聴しよう
と思うからです。
 
 「老人力」とは、「ボケ」とマイナス評価を下す所を、
逆に「老人力がついた」とか言って、持ち上げようというだから、
いわばそういう赤瀬川さんの「冗談」なんだけど、
このシャレ、判らない人は多いですね。

 赤いネクタイなんぞ締めて、いつもギラギラとエネルギッシュで、
侘び寂びの価値なんてまるで理解できないアメリカ人ならともかく、
日本人でも案外その点、判らない人が結構居るようです。

 総じて日本人には真面目だから、なんでしょうかね?
 そこんところを誤解して、「まだまだ俺は若いもんには負けない」
みたいなものとついつい勘違いしてしまうんですね。
 尤も、私にはすぐに原平さんのおっしゃってる意味は判りましたよ。
 何となれば、私こそは「老人力」に満ちあふれた毎日を
過ごしているからなんです。自慢にはなりませんけどね。
 
 先週借り出して来たのは、全部で五冊、いや、
六冊でしたね。山崎方代さんの、例の自由奔放というのか、
しっちゃかめっちゃかの歌集『こんなもんじゃ』も
あとで追加しましたから・・・

 それらはすべて、如何に快適に老後を過ごし、
いかに上手な終わりを迎えるか・・・、といったテーマに
絞り込んでいます。まあ、そういった類いの本ばかりです。
 
 外山滋比古先生の『老楽力』だの、林望先生の『臨終力』だのですから。
 チョット異色に思えたのは小田島隆氏の『超・反知性主義』
ぐらいのものだったでしょうかね。但しこいつばかりは難しくて、
読み通すのは途中で諦めて、放り出しましたけど・・・
 ところで今日は、お盆の十三日です。ご先祖の皆様にも
明日辺りはご挨拶してこなくっちゃ。
 お墓参りのついでに、素敵なというか、おいしいおまけにでも
ありつけると良いんですが。では、またいづれ・・・
[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-13 14:38
久しぶりの図書館で
  日中は暑いと思ったけれど、特にさしたる予定もなかったので、
娘と家内がどこかへ出かけると言うのを幸いに、後ろ座席に乗せて貰って
久しぶりに図書館へ行って来ました。実に四ヶ月ぶりのことでした。
 
 この暑さでは、さすがにもう固いものは読みたくない。
 ・・・と思いつつあれこれ物色してると、オレンジ色の背表紙が色もあせて、
すっかり黄ばんでしまったような、いささか草臥れた二冊の本が
並んでいるのが目に止まりました。二冊目は元は緑色。この二冊は、もはや
古典的な作品になってしまったと言っても良い、ご存知赤瀬川原平さんの
名作?『老人力』と、その続編『老人力2』です。

 後ろのページを見ると、1998年初版とありました。2の方は翌年99年初版。
 「・・・どおりで、色あせても居る訳だ」と納得しつつも、
「今更、こんなものを」と、ちょっと恥ずかしい思いもしながら、
貸出しの窓口に差し出しました。貼ってあった記録を見ると、
結構色々な人が借り出して来たようです。

 「時に山崎方代さんの作品集かなにか、ある?」と
担当の女の子に聞くと、早速傍らのパソコンを操作して、
「あります」と、返事してくれましたので、「では、それも・・・」と
お願いして、ついでにそちらも借り出して参りました。
 
 「方代さん」とはとてもユニークな歌人で、大岡信さんに
「定住放浪歌人の観があった」と言わしめた破格の人。私は彼の名を
大岡さんの「折々のうた」に紹介されて始めて知りました。
 俳句で言えば、山頭火とか尾崎放哉とかに匹敵するような歌人です。
 
 「このように怠けていても人生にもっとも近く詩を書いている」
 なあんてことを歌って、谷川俊太郎を共感させています。
 もっとも、私が好きなのは・・・「るり色の支那の土瓶には耳がない
口さえあればよいからである」とか「いつまでも転んでいるといつまでも
そのまま転んでくらしたくなる」とか・・・です。
 
 口うるさい人と暮らしておれば、そういうワケにはゆきませんけどね。
 詩や歌と言うものは、まあいわば、一種のうっぷんばらしみたいなもので・・・
そう思って自由に楽しめば良い訳で・・・と、われながらなんだか
言い訳めいてまいりましたね。今日はこの辺で。
[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-06 16:58
お盆が近づきました
 数十年来、溜まりに溜まった新聞の切り抜き記事を
少しづつ整理しておりますが、昔の記事でも面白い記事に出会うと
つい読み入ってしまうので、なかなか捗らずに難儀しています。
 でも、偶には、「オオーッ」と思うような面白い文章に
出あうこともあるので、それはそれとして楽しみなんです。

 その中のひとつに、藤原新也さんの文章でこういうのがありました。多分、
若い自分の私なら誰彼なしに(受け売りで)吹聴してた筈だから、
周囲の人なら、一度くらいは聞いたことがあるやもしれません。
 
 インドを旅した二十代のころ、仏教で言う正法増法末法とは
一体なんだろうと考えていた。ものの本には正法は釈迦入滅後千年間の
正しい教えが伝わる時代。像法は信仰が形式化する以降の千年間。
 末法は仏法が衰えた濁世の一万年とあるのだが、宗教に縁のない
若者にとってはさっぱり現実味がなかった。そこで私は”釈尊”を
”自然”という風に置き換えてみた。自然の構造には人を生かし、
戒める法理が潜んでいることに薄々気づき始めて居たからだ。 
 そうすると正法はさしずめ、人間が自然と正面から向き合っていた
農・林・水産などの第一次産業時代。像法は自然を加工し、自然の“像”が
生き残っていた第二次産業である工業の時代。末法は自然との関係を
まったく断った第三次産業の情報化時代にぴったりと当てはまる。
 つまり自然=神、であるとするなら、私たちは今、神を失った
バーチャル・リアルな末法に住んでいるということだ。云々・・・

 たまたまいつものくだらないTV番組で、昨夜、お坊さんが出て来て
仏教の話をしていたから、それで私もついつい引用してみました。
 「どうせなら、林先生もこれくらいのことを言えよ」と、思ったからです。
 と、高飛車にいう程のことでもないんですが、まだしも現代人の私たちには
こういう説の方が判りやすいというか、納得しやすい説明にはなっていると思うのです。 
 いえね、「暮らしにくい世の中になって来たもんだ。政治家どもが
揃いも揃って詰まらんヤツばかりだからか?」と、かねがね苦々しく
思っておったのでしたけれど、実はそう言うことだったんですね。
 なにしろ、末世ですからね。それもまだこういう状態が、
これから先もずーっと一万年も続くんですからね。やれやれですよね。
 しかし、それにしても暑いですね、毎日!こういう時は
悪あがきせず、堂々とサボってみたら如何ですか、諸君?
 どうせ、末世ですからね。あんまりシャカリキに
働きすぎると、死にまっせ・・・!
[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-08-03 17:53