<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
その後、ナニしてます?生きてます?
 ・・・と、何かと心配して下さる方々がいらっしゃるので、
優雅な?隠居生活のあらましを、かいつまんでご報告致します。
 
 娘達夫婦が自宅階下にTHISデザインと言う名の事務所を構え、
同じスペースを多目的なホールと見なして『IN THE PAST』 なる呼称で
種々のワークショップなどやっているのは、先月ご報告したばかりです。
 が、今回は、娘達が以前から仕事の関係でご縁のあったアパレルの
『サラジジ』(SARAXJIJI)さんというメーカーさんと、
小岱焼きの窯元『瑞穂窯』さんの作品の展示・即売会をやっています。
 
 もともとこれらの商品自体は、センスのある奥様お嬢様達に
大変人気のあるアパレルと陶器ですので、別に心配はしておりませんでした。
 そうは言っても、やはり娘達のやることだから気にはなるのでしたけれど、
事務所自体のソーホー的な雰囲気も若干は功を奏したか、初日以来、
冷え込みのきついお天気だったにもかかわらず、お蔭さまで
手応え充分なめざましい反響が続いております。

 無論、私達夫婦が先頭に立って、特に何かをしたというワケではありません。
 ですが、そのお手伝いと言うか、たまたま土曜日に併催で行なった
ギター演奏会用のお客様の為の椅子の搬入搬出を手伝ったり・・・
縁の下の力持ち的な下働きをしたりなどして・・・よそながらの協力を
けっこう楽しんで年寄り二人もやっております。
 
 でも、なんですね、年寄りは祭り上げられ閑居して陰気になるよりは、
こうして若い人たちの為になるようなことなど、邪魔にならぬ程度に
やるのは、心身共々自分の健康の為には良いことなのかもしれません。
 運動にはなるし、気分はそれなりに高揚するし、なによりご飯が
ますますおいしく頂けるし・・・で。「お母さん、おかわり」「ダメ!」
 なんだかだから、この分だと私の寿命も当分の間はこの調子で、
なんとか保ってゆくのではあるまいか、と秘かに思ったりもしています。
 なんせまだ、76歳ですからね。まだ・・・たったの・・・
 写真は自宅周辺の山々です。奥の山がいわゆる小岱山です。
 
f0132192_2303446.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-11-12 23:01
先日はありがとうございました
  遊んでたつもりは毛頭ありませんでしたけれど、
うかうかとしてる間に、いつしか知らず、六月末の閉店以来
今日までおおよそ四ヶ月近く経ってしまっておりました。
 
 それにしましても先日は、本当にありがとうございました。
 閉店以来の始めての試みでした。「いまさらご案内を出しても、
本当にきて下さるものやら」と、内心危ぶみつつ、
おそるおそる試みた『名刹でのお食事会』でしたけれど、
お蔭さまで10/30と11/5の二回とも大盛況のうちに、
めでたく無事に終わることが出来ました。 

 ありがとうございました。「いつご案内が来るかと待ってたよ」とか、
「親爺さんも元気で良かった」とか、「相変わらず旨かったよ」とか
お客様からおっしゃって頂いて、或は無言でニッコリと再会を
喜んで下さって、たいへん嬉しゅうございました。
 最年少の木阿弥蕎麦フアンでもあるグッジョブ坊やからは 
手作りクッキーの差し入れまでありました。
 「これとこれは、ボクが作った」「え?すごいな!」
 本当に皆様、ありがとうございました。
 蕎麦屋冥利に尽きる思いでございました。

 来年、時候の良いときを狙って、お寺さんにご協力頂いて、
またまた同じようなことを試みたいと考えております。ご期待ください。
 なお、その他の場所で、不定期ではありますが、
大牟田の イベント空間?『I N THE PAST』を使ってのワークショップ、を
『そば打ち体験教室』を開催することも考えております。
 これはあちらの都合もあることだし、話を付け次第に
追ってまた、皆様には詳しくご案内申し上げます。

 とは申せ、なにしろ私もこの齢でございますから、こんなかってなことが
いつまで出来ますことやら、まるで見当もつきませんし、お約束も出来ません。
 が、ボチボチと身体が続く限りは楽しみ半分に、あまり無理せぬ程度に
頑張ってみようと考えております。どうぞお気軽にお電話なりとお問い合わせください。
 
f0132192_17165363.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2017-11-07 17:17