<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
一念発起して・・・
 なんと、パスタ造りを始めました。これは、婿殿の伝授なんです。
 時折ヤツの自慢のラーメンなど、夫婦してご馳走になることがございまして、
それはそれでおいしいし嬉しくもあるのですが、だからといって、しょちゅう
甘えてばかりというのも、と思い、一念発起して教えてもらうことにしたのです。
 
 蕎麦とパスタは、どう違うのかと言えば、まず材料ですね。かたや、
そば粉に対して、パスタの材料は小麦粉です。ま、当然と言えば、
当然なんですが、それが私には却って難物でした。
 なぜなら、小麦粉はそば粉と性質がまるで異なるからです。

 そば粉しか扱ったことのない私としては、グルテンたっぷりの
粘り気のある小麦粉は、また違った要領が居るようでした。

 少々乱暴に扱っても小麦粉の場合は、千切れることはなく、しかし
弾力があるので、力は要るし、慣れてない所為か、少々戸惑いを
感じながらの作業でした。でも、お蔭でなんとかできましたよ。

 但し、当分はお預けのようです。なぜなら、作ったあと、数日間
寝かせた方が良いんだそうだからです。そんなことさえ、私は、今回、
始めて知ったことだったのでした。「オアズケだと?寝かせる?」
 「なんだそりゃ?」ですよね。やれやれ!

 そんな所もせっかち日本人の愛してやまない蕎麦文化とは、
少々趣が異なるようですね。
 「旨けりゃ、まあ、それで良しとするか」です。というワケで、
出来映えの方のご報告は後日になります。あしからず。乞うご期待です!
f0132192_21533837.jpg


[PR]
by sobaya-mokuami | 2018-03-30 22:01 | Comments(0)
お花見に行ってきました!
 お花見と言えば、当然、お弁当。「イヤ、お酒でしょう」とおっしゃる
ご仁も、世間一般には多かろうと思うのですが、あいにくと私は
無粋な方で、つまりは下戸にすぎませんので、「お弁当には卵焼き」
それさえあれば、ご機嫌なクチです。
 
 そういうワケで今朝はお天気は上々だし、ぽかぽか陽気だからと、
お弁当を作ってもらい、夫婦でセッセと歩いてお花見に出かけました。
 隠居生活開始以来、習慣にしている散歩というか、徘徊というか、
街歩き中に、偶然見つけたお花見スポットなんです。
 あまり人には知られていそうにない穴場のスポット。但し、
我が家から歩いてゆくのには少々遠すぎるのが、ホネ。

 市内にはそれでも何カ所、桜の名所と言われる所はありますけれど、
自宅からホンの数百メートル程離れた小公園にも、若木ながら、
チョットした無名の桜並木があります。またすぐ近くの古ぼけた神社の
小さな祠には、まだまだ勢いのある桜の古木だって数本あります。
 おっ、これ、なかなかイケルじゃないかと、ふと気づいたのは、実は、
蕎麦屋の現役を退いた後のことで、それまでは・・・
 恥ずかしながら、ゆっくりと桜を鑑賞する気持ちのゆとりなんて
なかったんでしょうね。なんにつけ脇見をするなんて余裕は
なかったってことでしょうか。

 偉そうに言うと、総じて「人生と言うもの」は、しかし
えてしてそういうもの、かもしれませんね。
 何かを失って後に、違う素晴らしい何かを得る・・・

 今日も、お花見の最中に若いお嬢さん達に「お揃いの所を」と、
気持ちよく声をかけてもらい、写真を撮って貰いました。
 お年寄りの、よっぽど仲の良い夫婦に見えたんでしょうね。
f0132192_22363519.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2018-03-28 22:37 | Comments(0)
えー、遅ればせながらのお知らせです
皆様 こんにちは
 『蕎麦屋木阿彌』の公式ホームページとしては、
今月一杯で終了することに致しました。昨年六月末には
実質的にはお店をたたんでいる訳だし、「ナニを今更」の
ご意見は多々あろうかと存じますが、実はどうして良いか判らず、
手続きをするのが遅れて今日に至ってしまいました。
 まことに申し訳ありませんでした。あしからずご了承ください。

 尚また、まことにややこしいんですが、このブログだけは
相変わらず続けてゆこうと考えております。臨時に開催したりする
『木阿彌蕎麦のお食事会』のご案内をしたり、他にもまだ、なにか
ご知らせすることもあろうかと思い、残すことにしたのです。
  例によって大方はくだらない話に終始することでしょうけれど、
これのみがお客様との唯一のよすと思えば、むげに廃止することは
出来ませんでした。よって、引き続きご愛読くだされば幸いに存じます。

写真は先日「山歩き会」に参加した折りのスナップです。
f0132192_21022543.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2018-03-23 21:03 | Comments(0)
ほろ酔い加減の『下戸の春』・・・
 この冬は特に寒さが厳しくて、老骨にコタエましたので、
体温を上げるためには「ワインか赤酒を」と聞いたのを幸い、
もっぱらその対策に励むことにしました。なあんて言ったら、
「たったそれだけで?チャンチャラ可笑しいぜ」と、世間様からは
笑われるに相違ありません。それでもまあ、この程度でほろ酔い加減で
ハッピーになれるんですから、よほど「安上がり」に出来てるんでしょうな。

 三月に入ったら、それでも随分あったかになりました。雨の日を除く
ほぼ毎日を散歩するのが無職渡世の私達老夫婦の習わしですから、
温かいのは大歓迎です。尤も昨日などは日差しが強すぎて、
日陰を拾って歩く程でしたよ。一応の目安は、一日五千歩以上。
 この齢になるまで住んでいても、今まで通ったことのないような場所を選んで、
知らない道も構わず自由気侭に歩いてゆくと、ひょんな所に出て来たり、
或は、道の途中で思わぬ発見なんかをすることがあります。

 私たちの市には東の山から西の海に向かって数本の川がありますが、
そんな川っぷちの土手を歩いていると、素敵な散歩道になっていて、
「桜の時期になったら、お弁当もって来たいね」と思ったりします。 
 あるいはまた、住宅地には結構オシャレでモダンな新築住宅が建ち並び、
マンションだってまだまだ増えつつある気配です。工場群も盛んに煙を出して、
さらには忙しそうにトラックが出入りしています。確かに稼働しています。
 かと思えば、路地裏には古い小さな祠なんぞが
いまだ大切にひっそりと祀られていたりして・・・それはそれで良いものです。

 とにかくこうして歩いていると、内心考えさせられることばっかり。
 ご他聞に漏れず、市の嘗ての繁華街では店は閉まり、私の住む通りも
シャッター通りと化し、崩壊寸前の空家も多く、寂れ果て衰退の一途を辿っています。
 ・・・の筈だったわが町も、こうしてみれば、まだまだ・・・
「まんざら捨てたもんでもなさそう」な気がしないでもありません。うーん。
 春の象徴、三池の初市が終わり、いよいよ温かくなって来増したので、
これからもっと街の魅力の再発見にひとつ力入れてみようかな。

 夜半からの雨で一日中家に籠っていたので、
「本ばかり読んでても仕方ないでしょう」と、家内が
珍しくケーキを焼いてくれました。

f0132192_21113369.jpg

[PR]
by sobaya-mokuami | 2018-03-05 21:12 | Comments(0)