えー、遅ればせながらのお知らせです
皆様 こんにちは
 『蕎麦屋木阿彌』の公式ホームページとしては、
今月一杯で終了することに致しました。昨年六月末には
実質的にはお店をたたんでいる訳だし、「ナニを今更」の
ご意見は多々あろうかと存じますが、実はどうして良いか判らず、
手続きをするのが遅れて今日に至ってしまいました。
 まことに申し訳ありませんでした。あしからずご了承ください。

 尚また、まことにややこしいんですが、このブログだけは
相変わらず続けてゆこうと考えております。臨時に開催したりする
『木阿彌蕎麦のお食事会』のご案内をしたり、他にもまだ、なにか
ご知らせすることもあろうかと思い、残すことにしたのです。
  例によって大方はくだらない話に終始することでしょうけれど、
これのみがお客様との唯一のよすと思えば、むげに廃止することは
出来ませんでした。よって、引き続きご愛読くだされば幸いに存じます。

写真は先日「山歩き会」に参加した折りのスナップです。
f0132192_21022543.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2018-03-23 21:03 | Comments(0)
ほろ酔い加減の『下戸の春』・・・
 この冬は特に寒さが厳しくて、老骨にコタエましたので、
体温を上げるためには「ワインか赤酒を」と聞いたのを幸い、
もっぱらその対策に励むことにしました。なあんて言ったら、
「たったそれだけで?チャンチャラ可笑しいぜ」と、世間様からは
笑われるに相違ありません。それでもまあ、この程度でほろ酔い加減で
ハッピーになれるんですから、よほど「安上がり」に出来てるんでしょうな。

 三月に入ったら、それでも随分あったかになりました。雨の日を除く
ほぼ毎日を散歩するのが無職渡世の私達老夫婦の習わしですから、
温かいのは大歓迎です。尤も昨日などは日差しが強すぎて、
日陰を拾って歩く程でしたよ。一応の目安は、一日五千歩以上。
 この齢になるまで住んでいても、今まで通ったことのないような場所を選んで、
知らない道も構わず自由気侭に歩いてゆくと、ひょんな所に出て来たり、
或は、道の途中で思わぬ発見なんかをすることがあります。

 私たちの市には東の山から西の海に向かって数本の川がありますが、
そんな川っぷちの土手を歩いていると、素敵な散歩道になっていて、
「桜の時期になったら、お弁当もって来たいね」と思ったりします。 
 あるいはまた、住宅地には結構オシャレでモダンな新築住宅が建ち並び、
マンションだってまだまだ増えつつある気配です。工場群も盛んに煙を出して、
さらには忙しそうにトラックが出入りしています。確かに稼働しています。
 かと思えば、路地裏には古い小さな祠なんぞが
いまだ大切にひっそりと祀られていたりして・・・それはそれで良いものです。

 とにかくこうして歩いていると、内心考えさせられることばっかり。
 ご他聞に漏れず、市の嘗ての繁華街では店は閉まり、私の住む通りも
シャッター通りと化し、崩壊寸前の空家も多く、寂れ果て衰退の一途を辿っています。
 ・・・の筈だったわが町も、こうしてみれば、まだまだ・・・
「まんざら捨てたもんでもなさそう」な気がしないでもありません。うーん。
 春の象徴、三池の初市が終わり、いよいよ温かくなって来増したので、
これからもっと街の魅力の再発見にひとつ力入れてみようかな。

 夜半からの雨で一日中家に籠っていたので、
「本ばかり読んでても仕方ないでしょう」と、家内が
珍しくケーキを焼いてくれました。

f0132192_21113369.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2018-03-05 21:12 | Comments(0)
昔とった杵柄は・・・
 いやあ、たいへんな目に遭いました。市の主催する百人一首の
『歌留多会』に参加して、孫のような小学生の子供達に、
こてんぱんにやられてしまいました。惨敗です。
 
 先月半ば頃でしたか、散歩の途中、近所の市の施設に立ち寄った所、
たまたまそういう催しがあることを知りました。
 すると、家内が「お父さんのボケ防止に」と思ったかして、
けしかけるものですから、「じゃあ」と申し込んだのでした。
 
 と、言いますのも、子供の頃の私は兄弟姉妹が多かったので
少しは経験もあったからです。でも、実際は、年寄りの出る幕では
なかったようでした。なにしろ、六〇有余年のブランクがありますからね。
 「それでも、頑張った方じゃないの?」と、保護者然とした面持ちで
家内からは少しは慰めては貰いましたけれどね。
 どうやら我が家の女達は、私がもっと惨敗するかと予想してたみたいです。
 
 聞く所によれば、市では随分前から地域の子供達を集め、
熱心に指導して下さってる方がいて、それに漫画の影響も多少はあるのか、
最近はけっこう盛んで、参加するメンバーも増えてるんだそうです。
 でも、私のような爺の参加申し込みは始めてだったのか、主催者側の皆さんには
たいそう喜んで頂いたようですよ。それだけが救いだったかも?
f0132192_19511469.jpg




[PR]
# by sobaya-mokuami | 2018-02-18 19:55 | Comments(0)