今日は記念日
 今日は、平成29年10月10日です。私達夫婦にとって、
記念すべき特別の日になっています。というのは、15年前の
まさに今日、和水町肥後民家村で、蕎麦屋を始めたからでした。
 つまり、肥後民家村での蕎麦屋木阿彌のお店は、今年六月末で
一応閉店という形になってますので、正確に申せば、通算14年と8ヶ月間という
長きに亘っての営業期間だったという勘定になります。

 そのことを知ってか、知らずか、このところ色々な蕎麦屋の
お客様だった方が入れ替わり立ち代わり、私どもの自宅へ
遊びに訪ねて来て下さいます。
 中にはわざわざ山鹿からご本を一抱えご持参頂いた方や、
或は姉妹ご家族でいらっしゃって「そば打ち体験」をされた方、
あるいはまた「大牟田に来たから、序でに」という方なども。
 皆さん、一様に心配して下さってるみたいです。「元気にしてた?」
「落ち込んでない?」
  
 七月以来(三ヶ月あまりの)暫くの間は、自分たちの引っ越しと片付けと、
それにガタの来た自宅改修の造作などで、職人さんの出入りがあって、
慌ただしくしていた時期がありました。
 でも、それもひとまずは落ちつきました。(そうなってくると、
半ば、逼塞状態にある年寄り夫婦には)訪ねて来て下さった方との
久々のお喋りは、実に楽しく、またおおいに刺激にもなったのでした。
 まさに「元気を頂いた」心地でした。
 
 こんなこと言っても、今更どうにもなりはしないのだけど、
15年前の今日、(繰り返しになりますが)蕎麦屋は
意気揚々と開業したのでした。しかし15年間なんて、
本当にあっと言う間でしたね。だからなのか、気持ちは
当時も今もまったくと言っていい程、変わりません。
 開店当初からの私達の信条と言うか、行動指針と言うか、
こうしてお店をたたんでしまった今になっても、
依然としてなんら変わる所はないのです。

 それは・・・「我儘」は埒外としても、一事が万事を
せめて「我が・まま」に、つまり「我が信じるまま」に、
「我が心の赴くままに」やって行こうということなのであります。
 自由に、奔放に、大胆に、且つ濃やかな気配りのもとに・・・

 今日、近くのスーパーに買い物に行くカミさんに同行して行ったついでに
本コーナーに立ち寄り、そういう記念日だからと、つい買ってしまったのが
『自分らしくはたらく手帳』(前田康二郎)という題名の本でした。
 それには「フランス式 毎日が面白くなる」という副題がついておりました。
 本当は『サイエンス全史』というヤツも買いたかったのですが、もはや
しがない浪浪の身となってしまった今では、上下二册に分かれた、
分厚く高価な本などは、おいそれとは手が出ません。やーめた!でした。

 で、ともかくも乏しい私のお小遣いの中から、やっとこさ買い求めた本の
始めの方の頁に書いてあったのが、「生き方の中にはたらき方がある」という
素晴らしい言葉でした。「これだよ、これ、これ」と、思いました。

 生きる為に、或は食う為に働くというのが、普通の考え方かもしれません。
 もちろん私だって、正直、食う為に働いてる部分はあります。ありました。でも、
そればっかし、ではありませんでした。それだと「つまらない」からです。
 だから本当は、そうではないのです。そうではなくて、うーん、
なんと言えば良いのか、仕事は、「楽しくやりたい」のです。
 だから、少なくとも、生きる為の主たる目的にはしたくない。

 だとしたら、本の言葉は、まさに私達の生き方そのもの、考え方そのもの、
今までのはたらき方そのものじゃありませんか。
 食うために稼ぐのではなく、(むろんそれも多少はあるけれど、
そればかりではなく)、人生を楽しむ為に、はたらく・・・
蕎麦屋稼業がそうであったように・・・
 そう考えたら、今日がまた、その本のお蔭で新たな一歩を
踏み出してゆけるような、そんな気がして参りました。
 「よーし、やるぞ」の心境かな?
f0132192_1447775.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2017-10-10 14:47
そば打ち体験ご案内
 娘夫婦が営む「IN THE PAST」で『そば打ち体験』を開くことになりました。
 100%の蕎麦粉を使って、最初から最後までお一人で蕎麦を打ってもらいます。また、打ったお蕎麦とつゆはお持ち帰りいただきます。またご家庭で本格的なつゆが作れるように、「かえし」と「つゆ」の作り方もレシピでつけるようにしました。
みなさん、ぜひ、年末の年越し蕎麦をご家庭で手作りできるようになってみてはいかがでしょうか。
お問い合わせ、お申し込みは、下記のIN THE PASTまでお願いいたします。

◎日時 = 2017年10月21日( 土 ) 10時~11時30分/12時~13時30分/14時~15時30分
◎会場=IN THE PAST(大牟田市本町1-2-19-中原ビル1階)
◎参加費 =5,000円(お一人様3食分を打ってもらいます。3食分はお持ち帰り用(つゆつき)、蕎麦のかえし・つゆの作り方のレシピ付き+ 1食分の蕎麦の昼食付き)
◎定員 = 各回 3名( 要予約。予約時には、何時の回をご希望かご明記ください。 )
◎お持ち頂くもの = エプロン・手ふき・頭に被るもの・タッパー(25センチ以上)、300ccが入る空瓶またはペットボトル)

お問い合わせ、お申し込み先は、
IN THE PAST(THIS DESIGN内)定松千歌
電話:0944-88-9653(平日の10:00〜18:00)
メール:c.sadamatsu@permanentbros.com

定松千歌
-----------------------------------------------------------------------------------------
THIS DESIGN 株式会社
PERMANENT事業部

〒836-0046
福岡県大牟田市本町1-2-19
電話 0944-88-9653
電送 0944-88-9683

メール info@permanentbros.com
http://permanentbros.com/

f0132192_10125381.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2017-09-30 10:13
セッセと。ひたすらに歩いています。
 暇に任せて、家の周辺をセッセと歩いています。
 と、いうよりも、「歩かせられて」います。もちろん、
それが「苦痛だ」というつもりは毛頭ありません。そんな
罰当たりなことは金輪際言えた義理ではありません。
 何となれば、それは、言うに「お父さんの為」だからです。

 とは言うものの、「俺にボケられて困るのは、もっぱらあんたの方で、
俺は一向に・・・」なあんて、内心では秘かに思うこともあるのですが、
そのことに関して文句らしきを言ったことはいっさいありません。
 そんなことをうっかり言おうものなら・・・

 ですから、近頃では日々のお買い物にもつきあいますし、
帰りは荷物があるから勘弁して貰うけれど、わざわざ遠回りして 
スーパーにゆくこともしょっちゅうです。
 
 昨日も、その調子で私たちより二周り程若い「お友達ご夫妻」の家へ
行って参りました。蕎麦屋の店仕舞のお見舞いを頂いていたので、
そのご報告と、お礼がてらに伺ったのでした。ご夫婦とは、私たちがまだ
雑貨屋をしていた現役の頃からつきあってた「古いお友達」で、
考えてみると、かれこれ30年近くになります。
 
 最近ではなかなか逢う機会もありませんでしたけれど、
かつてはほ一緒に、色々なことをして遊んでいた仲間です。
 双方のお年寄りも抱えながら、相変わらず奥さんの方は
特に活動的で、出張指導も含めて、自宅でパソコン教室をやりつつ、
なおかつ以前のように、かなり本格的な英会話や
傍ら空いた時間には(独学で?多分)お習字も練習してるという、
いまどき珍しい七面八膚の「行動派オバさん」です。

 たまにこういう人に逢うと、刺激を受けて、
「うかうかしちゃおれんなあ」という気になるのですが、
近頃もっぱらタガが緩みっぱなしのこちらとしては、
あまりにも彼我の差がありすぎて、「ぎゃふん」でした。

 でも、帰宅後、久々に画材などをちょっとだけ取り出して見ましたよ。 
 TV番組の『プレバト』で、俳句やら水彩画やらやってましたから、
「あの程度のレベルなら、俺にも出来るかも?」と、一応の道具は
数年前からとりあえず揃えていたのです。揃えては、いるんですが・・・さあて。
 
f0132192_1712230.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2017-09-24 17:12