さて、それでは昨日の本のご紹介を
 アイウエオ順に書き出しますと、次の通りです。

 浅田次郎『五郎治殿御始末』中央公論社
 黒岩重吾『役小角仙道権』新潮文庫
 笹沢左保『海賊船幽霊丸』光文社文庫
 中村彰彦『桶狭間の勇士』文芸春秋社
 南原幹雄『残月隠密蝶』将軍家の刺客 徳間文庫
 半村良『産靈山秘録』集英社文庫
 平岩弓枝監修 新鷹会・傑作時代小説集『武士道春秋』光
 藤沢周平『隠し剣孤影抄』文春文庫
 藤沢周平『決闘の辻』講談社
 火坂雅志『家康と権之丞』文春文庫    以上です。
 
 目下の所、浅田次郎さんの本(六編の短編集)を、ほぼ、半ばあたりまで読みました。
維新直後のゴタゴタした雰囲気の中で、大きく変わって行く世の中の新しい価値に馴染めず、
右往左往する下級武士達の哀感をたっぷりと味合わせてくれます。
 ・・・と感じたのは、私だけかもしれないけれど、大体にそんな感じでした。
 
 それは・・・浅田次郎さんの巧みなストリー展開に酔わされたということでしょう。
 ひとつひとつが珠玉のように光ってました。一昨日だったかの、このブログ上でご紹介した
「おじさんはナゼ時代小説が好きか』に通じる何かが、あったのかもしれません。おじさんの
心の琴線に触れる何かが・・・

 ところで今朝は家内と娘のお供で、郊外のショッピングセンターへお買い物に行きました。
 「どうでも良いけど、ついてきたら?」のお誘いでした。「ベッドの上に一日中
くすぶっていないで少しは外気に触れたら?の、奴らのご好意だったようです。

 開店早々に行ったにも拘らず、駐車場はほぼ満杯。だいたいこの店は、
市内の飲食店が材料の「仕込み」に来るらしく、たしかにそれらしい人も居ましたけれど、
大半は70歳過ぎのお婆さんでした。
 そしてさらに驚いたのは、(人様のことは言えないにしても)、
野球帽を被った結構な数の(後期高齢者とおぼしき)お爺さん達が、
それなりにお魚とか野菜とか物色したりして大勢いらっしゃったことです。
 「けっこう、その場の雰囲気にしっかり馴染んでる」感じでした。
 「俺もそんな風に見えてるだろうか」と、一瞬、そう思いましたよ。
f0132192_19174850.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2017-09-22 19:17
まんざらでもない毎日です
 かっこ良く申せば余生を長閑に過ごす「隠居暮らし」、
或は「浪人暮らし」などと粋がっておりますが、所詮は
「毎日が日曜日」の、どうにもならない年寄りの生活です。
 
 でも、まんざら捨てたものでもなく、こうしていても
決して「つまんなくはない」毎日を過ごしおります。
 なぜなら、それはそれで何かとやることは出てくるからです。
 昨日は下の娘達の提案で、ベランダでバーベキューをやりました。
 実は先々週にもやったのですが、木炭を起こすのに手間取り、散々でしたので、
「リベンジを」という婿殿の強っての要望にお応えしたのでした。

 先週は、私の取りかかるのが遅かった所為で、火がおこらず、
四苦八苦の末、なんとか食べ終わった頃を見計らったかのように、
いい案配になってくるという、バーベキューによくありがちの
大失敗をやらかしたからです。「よかよか。最初の失敗は
失敗とは言わずに、『経験』と思えば良い」「イヨッ、出ました!」

 これは我が家にとっての大変便利な格言のひとつでして、
実にしばしば、あらゆる場面で家族の誰か(主に私)が
口にする言葉です。我が家は、何かにつけ「経験させられる」ことの
異常に多い家族・・・なのかもしれません。

 そして今日は、山鹿からのお客さんが、お友達から分けてもらって来たという、
時代小説の文庫本を10册、ドバッと持ってきてくれました。
 偶々先週、関川夏央の『おじさんはナゼ時代小説が好きか』
(岩波書店)を、図書館から借り出して来て、読んだばっかりでしたので、
恐縮しつつも、失礼ながら、ついつい笑ってしまいました。
 さらにおっしゃるには「お家には、それこそ腐る程
持ってらっしゃるから、何なら、もっと貰って来ても?」
という有り難いお言葉。何でも本の持ち主の方は
友人の自転車仲間であるらしく、お親しい間柄のようでした。
 
 蕎麦屋のお客様でもある姉妹の、ホンのすぐ近くに
お住まいのある方なんだそうで、色々なご縁が重なってつい甘えて頂きました。
 「それにしても、有り難い事で」と、赤の他人の私としては、
本当に恐縮して居ます。
 ところで、関川さんの「ナゼ」の答えですが、ハテ、なんでしたか?
 あんまり、大した答えじゃなかったようでしたよ、慥か・・・
 要するに、おじさんは「暇」ですからね。なんでも良かったんじゃ
ないでしょうか?暇さえ潰れれば・・・?
f0132192_1761037.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2017-09-20 17:06
大型台風がやって来て・・・
 大型の台風が接近中とあって、毎回のこととは言え、準備は大変でした。
 期日の来た図書館の本は返却し、さらに新たに何冊か借り出して来て、
準備おさおさ怠りなく、17 日の到来を待ち構えていました。
 
 直前の昨日は、夕方からベランダに放置してるアレコレのうち、
風で吹っ飛びそうなものだけは、一応、部屋の中へ取り込み、
そうでないものも、念のために紐で括りつけたりしました。
 けれど今朝、九州南の端に上陸したのもつかの間、(少なくとも
私たちの方には)有り難い事に、無事通り過ぎてゆきました。
 午後には、切れた雲の間から青空さえ見えてきました。

 さて、そうなってくると、退屈なんですね。さしたる用事はないし、
無論、借りて来た本をベッドの傍らに積み上げてはいるものの、
そうそうは集中して、長時間読めるものでもありません。
 となると、台所に行って、さほど欲しくもないお茶を淹れ換えたり、
ごそごそと何かを探したりして、叱られたりしてしまいます。
 
 ここ数ヶ月前から我が家は、模様替えと言うか、アチコチと
ガタの来た箇所の修理に明け暮れ、職人さんが出入りしています。
 昨日も、偶々、台所の扉の蝶番付け替えに来てくれていた職人さんに
無理にお願いして、ズタズタに千切れた台所のドアの網戸を
新たに張り替えてもらいました。店は「簡単に張り替えられます」と
請け合ってくれましたけれど、シロウトの手に負えるものではありませんでした。
 
 新築した建物も早や40年近くなると、建物自体も、その三年後に
改装した自慢の我が家も、今や不備だらけです。第一、肝心の私の身体自体に、
(どうやら五感も、脳の方も)問題が生じてきつつあるのだから、
それはそれで、致し方のないことかもしれません。

 ということで、最晩年、ますます妖怪じみた故山田風太郎さんの
ハチャメチャなエピソードなど読んで、大いに鬱憤を晴らしています。
 関川夏央の『戦中派天才老人山田風太郎』95年初版マガジンハウス
 ご紹介すべく、最初うっかり「天災老人」と打ち込んでしまいました。
 そういう傍迷惑なご老人には、私も稀には出くわすこともありますし、
ひょっとしたら私自身も、或はそうかもしれませんけれど、
山田風太郎さんの場合は、正真正銘の「天才老人」です。
 誤解なきよう、念のため・・・
f0132192_015938.jpg

[PR]
# by sobaya-mokuami | 2017-09-18 00:15